花旅記

花と旅の記録です

熊本県小国町 道の駅と幸野川橋梁

今日は熊本県の小国町の風景をご紹介します。

まずは道の駅から。

この町の道の駅、名前はゆうステーションと言います。

場所はここ。

 

f:id:hana-tabi-ki:20171212185104j:plain

ゆうステーション

道の駅の名前というより、この建物の名前がゆうステーションという方が正確かも。

 

f:id:hana-tabi-ki:20171212185105j:plain

 

f:id:hana-tabi-ki:20171212185106j:plain

 

もちろん食事をする店もあります。

f:id:hana-tabi-ki:20171212185107j:plain

 

ゆうステーションの中は物産店になっています。

撮影しても良いのかわからなかったので画像はありませんが、購入したお土産を。

f:id:hana-tabi-ki:20171212185108j:plain

猫の焼き物

f:id:hana-tabi-ki:20171212185109j:plain

 

f:id:hana-tabi-ki:20171212185110j:plain

 

f:id:hana-tabi-ki:20171212190032j:plain

 

 

 

 

 

 

この小国町にはかつて国鉄宮原(みやのはる)が通っていました。

この道の駅も終点肥後小国駅の跡地に建てられています。

この宮原線の目玉が幸野川橋梁(こうのがわきょうりょう)です。

f:id:hana-tabi-ki:20171212185112j:plain

幸野川橋梁

f:id:hana-tabi-ki:20171212185113j:plain

 

 

f:id:hana-tabi-ki:20171212185120j:plain

川をまたぐように建っているこの橋梁。

てっきりこの川が幸野川だと思いますよね。

ところがどっこい、この川の名は縦木川(もみきがわ)。

あれ、幸野川という名前はいったいどこから・・・

f:id:hana-tabi-ki:20171212185114j:plain

 

f:id:hana-tabi-ki:20171212185115j:plain

 

この橋梁の上に、かつて国鉄宮原線の線路が敷設され、列車が走っていました。
今では遊歩道となり、散策が出来るようになっています。

f:id:hana-tabi-ki:20171212185116j:plain

遊歩道

f:id:hana-tabi-ki:20171212185117j:plain

 

f:id:hana-tabi-ki:20171212185119j:plain

 

f:id:hana-tabi-ki:20171212193614j:plain

 

 

この橋梁の上から望むのどかな里の風景。

f:id:hana-tabi-ki:20171212185118j:plain

西村の里

かつてこの橋の上を列車が走り人々の暮らしの一部だった。

そんなことに思いをはせると郷愁がよぎります。